葉酸摂取の必要性

葉酸摂取の必要性

妊娠するまでは、葉酸は、あんまり普段は聞きなれない言葉ですが、妊娠すると必ず耳に入る栄養素なのです。
母子手帳にもその摂取が必要だと書いてあるほどの重要とされる栄養素です。
積極的に取り入れることを推奨したいです。
手軽に葉酸が摂れるサプリなんかも多く売られています。
私はベルタの葉酸サプリメントを利用しています。
葉酸は妊娠しているときには必ず摂取しておきたい栄養分なんですね。
胎児のためにも、安心なサプリを口にしたいもんですね。
そして、いつでも美しくいたいので、美容に効果がある成分が含まれているベルタの葉酸を選んだ理由なんです。
妊娠したその初期段階で摂ることを勧められる緑色野菜に多く含まれる葉酸ですが、この時期はお腹の赤ちゃんの細胞分裂が盛んにおこなわれる時期であるため、不可欠です。
足りないと胎児の神経管閉鎖障害のひとつ、二分脊椎など赤ちゃんの成長に多大な影響を与えてしまう可能性があります。
1日に摂るべき量は、およそ400ug程度です。
葉酸を摂取するのが一番必要なのは受精した直後からです。
なので、妊娠したのに気づいてから、「葉酸とっておけばよかったな。
」と後悔する方も多々います。
そうならないために、妊娠を希望している女性は日々葉酸を摂取することを推奨します。
ご存知の通り、葉酸は安全な出産になるために価値のある成分で、妊娠が分かったらすぐにでも必要な成分とされます。
飲む時間は妊娠に気づく前から飲んだ方が良いです。
事実、妊娠が発覚してからだと、赤ちゃんがいる事に気づかず良いタイミングで飲む事が出来なくなってしまいます。
ですから、妊娠したいと思ったら葉酸のサプリメントを飲むが良いです。
妊娠するための積極的な活動を開始したら同じ時に葉酸とマカという二つの栄養素を夫はマカと亜鉛が良いという事で二つのサプリを飲み始めました。
葉酸は妊娠初期の胎児の神経の発育に役立つとても大事な栄養素で、事実、マカは生殖機能を向上させ、活力がアップし、亜鉛は妊活に役立つ精子の数が増えたり元気になるのに効果があったので、スタートしました。
6カ月間継続して、妊活の効果があったのです!葉酸の効果や効能については色々なものがあり、胎児の発育の際に脳や神経を作り出すといわれていて、妊婦さんの場合は母親の分だけではなく、2人分必要とするために足りなくなってしまうとも言われているのです。
実は葉酸は特定保健用食品でもあり、胎児の二分脊椎その他の神経間閉塞障害の予防などの効果もあると記載されているので、積極的に摂取するのが望ましいです。
実は葉酸は妊娠の前から摂って初期の時点で体の中にあるという状態が理想だとします。
不妊症治療の時点で、妊娠を望んでいる訳ですから、同時進行で葉酸を積極的に摂取することも子供の先天性奇形を未然に予防するという面にもおいて必要な事となってきます。
私は今、病院で、不妊治療を続けている最中です。
けれど、それがとてもストレスになってしまっているのです。
妊娠が望めない事が私には大きなストレスなんです。
できれば、全てやめてしまいたいです。
それなのに、それが無理な事が、ストレスを倍増させているように考えます。
世間では妊婦が盛んに摂るよう推奨される葉酸ですが、加熱すると失われてしまうので、調理をする際には注意しなければなりません。
調理するプロセスで長く加熱してしまうと、栄養素は50%が失われてしまいます。
熱を通す時は短時間湯通しするなど熱の加え過ぎに注意することが大切だと思います


TOP PAGE